Column Back Number


[引っ込んだ!?]

Kazz 12月6日


先日、福岡でライヴがあったのですが、リハーサル等を終え、しばしの休息時間に弁当のカツ丼を食べたのです。弁当の量が多かったのもあって、20分くらい経ったかなぁ・・急に便意(満塁押し出し(笑))を感じ、トイレに行ったのですが、空いてなくて、仕方なく隣の「高級ホテル」に行きました。重苦しい扉を開けると、なんかすごく格式高い雰囲気で、奥の方から丁寧な接客で「トイレはあちらでございます」などと案内され、とてもうん○だけの為に入ったのが罪・・みたく感じながらトイレと思われる場所に着くと、なんか壁と一体化したような、どうやって開けるか分からないようなドアがあって、「PUSH」と表示されたドアノブがあって、どういう風に開くのか分からないままそれを押したら、とりあえず開いたのでホッとしました・・・というのもつかの間・・、入った瞬間に全面ミラー的な作りにまず驚き、しかもどこが「大」の方か見つけにくい感じでした。この時点ですでに僕の便意はちょっと薄れていました・・・が、さらに「大」のトイレを見つけてドアを開けた瞬間、便器のふたが「ウィ〜ン」と開き、このタイプは何回も見たことあるし使った事もあるけど、こんな状況でそれかよ!!みたく半笑いになりながら便器に座るのですが、すでに意気消沈・・というか、出るものも出ない状態になりました。いやぁ・・自動とか便利なのはイイけど、精神的には良くないですな(笑)


[断捨離]

Kazz 12月13日


こないだ、断捨離(だんしゃり)というテーマでTV番組があってました。これは、モノへの執着を捨てて切り離す・・と言う事だそうです。いわゆる、着もしないのにいつまでもタンスにしまってある服とか、いつかは使うだろう・・って取ってるんだけど、全く使わないモノ・・。紙袋やら、かわいいお菓子の箱やら(笑)。僕も、色んなアーティストのMDをたくさん持ってますが、実際聴くのは何枚かしかないんだよね。いつか聴くだろうと思ってたくさん持ってるワケですが、本当に全く聴きません!!このようにいつか使うと思って、もう何年もそのままのモノってありますよね?思い切って捨てるか、リサイクルショップに売るとか・・。そのTVであってた家からは、ゴミ袋50袋くらい捨てるものが出たんですよ!「愛着」のあるモノは残し、「執着」のあるモノは捨てる!!!・・・なるほど・・と思いました。


[博多銘菓]

Kazz 12月20日


博多の銘菓と言えば「博多の女」ですね。先日、バームクーヘンの中のあんこがたまらない!!・・って、友達と話してて、「ん?あんこ?」・・・確かにあんこもあるけど、僕の記憶の中では「生クリーム」のやつもあった・・なんて話してたんです。ところが、調べてみたら大間違いで・・、バームクーヘンの中に黒あんが入ったのが「博多の女」(二鶴堂)で、


僕が言ってたクリームのヤツは「博多美人」(はかた本舗)と言う、


ものすごく似た商品でした!俺としたことが、本家でなく二番煎じ的なお菓子を絶賛してたなんて・・・(笑)。しかし、博多美人の方は、ブルーベリーや苺味みたいなバラエティーに富んだ商品があるみたいです。二つとも、商品のパッケージから包装までよく似ててビックリです(笑)。「・・・の女」とか、演歌のタイトルにもよくあるし、どれがどうなのか区別がつきにくいのが現状ですよね。いまだに函館の女・・って聞くと、お菓子なのか曲なのかわからんとです。


[無題]

Kazz 12月27日


突然ですが、僕は「うどん」大好きです(笑)。週に4日は食べてます。でも、つゆが茶色っぽい「醤油系」は好みません。澄んだスープで「昆布の酸味とかつおの香ばしさ」がたまらないです。麺も、切った面が自らの張力で窪んでる「歯ごたえ」のある麺が好きです。あらゆるうどん屋に行きますが、いつも行くトコでも同じメニューであっても、作る人が変わったら全く違うんですよね・・。だから、「あそこのうどんは美味しいから行ってみて」・・と、友人にすすめる時、僕は時間帯まで言います(笑)。あと、先日TVであってたのですが、ほとんどの人が「だし」を重要視しますが、もちろんそれは大事だと思います。でも最近、素材そのものが持つ「うまみ」をあわせる事で、「だし」にも勝る煮物やらが出来るんです。例えば、ネギ、しいたけ、さば・・もちろん塩などの下処理は必要ですが、それらを鍋にいれて水を入れて煮るだけで、それはそれは「だし」以上に美味しい煮物や汁ができるんですね。よく料亭とかで出て来る「透明な吸い物」なのに、高級感あふれる超美味しい汁ってあるでしょ?たぶん「うまみ」を究極に使えばその域に達するんでしょうね。う〜ん深い・・・。