MAIL FROM MO'BETTER


[風邪]

Kazz 4月7日


先日、3月29日に佐賀でライヴをしたのですが、風邪をひいてしまい、声が「全く」出ない・・というアクシデントにみまわれました。モアベター始まって以来、「声が出なくて歌えない」という事は初めてでした。今までは、風邪ひいてても、朝から夜まで歌い込んでいれば夜には何とか出てたし、風邪ひいてるのが分からないように歌ってたのですが、今回ばかりはホント全く出ませんでした。ライヴに来られた方には、本当に申し訳なく思ってます。次回は、万全にして臨みます!しかし、普通に歌っても「もんたよしのり」みたいな声で、それはそれで味があって良かったのですが、やっぱりファルセットが出ないとツライですね。


[センス]

Kazz 4月14日


何をするにも「センス」というのは、重要なポイントになりますね。例えば、僕らがやってる音楽にしても、ただ長くやってるから「うまい」とかじゃないんですよね。全くの初心者が二人同時にギターとか始めても、センスの良い人は、教わった事以上の事を自分で見つけてやろうとするし、覚え方も自分流の覚え方をなんとなく見つけてるもんね。料理とかもそう、ただプロのレシピをそのまま同じに作っても、「何か違う」・・・ってなりますよね。センスある人は、同じに作っても絶対負けるから、何かひと工夫加えたりしますね。そこでセンスがある人との差がつくんよね・・。やっぱり何をするにしても、センスのある人が光ってますもんね。


[もの忘れ]

Kazz 4月21日


こんなタイトルのコラムを書く歳になったんよね(笑)!最近ほんと「もの忘れ」がよくあるんです。例えば、手を洗いに行くついでに、ポットに入れる「水」を持って来よう!!とか思って、台所に行くのですが、手を洗ったらもうポットに入れる「水」の事を忘れてるんです。しかも、「あ!水を忘れた!!」ってなればイイのですが、何をしようとしてたのか・・を忘れてるんです!あれ?手洗いのついでに何するんだっけ???あと、悪気はないのですが、「じゃ明日ね!」みたく簡単に約束なんかしてたら、もう次の日には忘れてたりするので、最近はあまり約束もしなくなりましたね!いかんなぁぁ!


[知覧]

Kazz 4月28日


ちょっと前、鹿児島の知覧まで行きました。もちろん平和記念館を見てきました。中には、若くして国の為に散って行った特攻隊員の遺書と写真、遺品の数々・・。どれも皆、十代とは思えない程の達筆で、内容も涙なしでは見れません。そのほとんどが、17〜20才くらいの未来ある若者で、家族に対して「明日、元気に行って来ます。さようなら」などの手紙を残し、ひとつしかない命を国の為に捧げるのです。「さようなら」という言葉が、こんなに重く感じた事はありません。「お母さん、今まで育てて頂きありがとう、明日見事に散ってきます」「日露戦争に行かれた父の息子として、恥ずかしくない死に場所を見つけました。だから悲しまないで下さい」・・。子を持つ親は、自分の子供とだぶらせて見てしまうのでしょう、皆さん号泣しておられました。現代の若者、時代が違うと言えばそれまでですが、過去にそういう若者が居たからこそ、今の平和がある事を忘れてはいけないと思います。